ヘム鉄(鉄分)の働きや効果

鉄錠

鉄分の必要性について見直してみましょう。
そもそも、体内に入った鉄分が、どのような働きをするか、どのような役目を担っているのかご存知でしょうか?

 

ヘム鉄を摂取すると小腸から吸収されて、体内にて酸素と結びつきます。
酸素は当然ながら生命活動に欠かせない物質です。呼吸を繰り返すごとに酸素を取り入れていて、体内にある60兆個もの細胞に酸素が送り込まれることで体は正常に機能します。
ここに携わっているのが、鉄分です。
酸素と結合して体内で運搬する作業をする鉄分を「機能鉄」と呼びます。
酸素運搬は具体的には、血液の赤い色素である『ヘモグロビン』によって行われます。
ヘモグロビンとは、ヘムとグロビンを組み合わせたもので、つまりは鉄分とタンパク質の結合体です。
ヘモグロビンは生命活動に欠かせない物質なので、体内では一定に保たれる仕組みになっています。

 

だからといって、血液検査などでヘモグロビン値が判明しても鉄分不足を起こしているかは、判明しません。なぜかというと、機能鉄が減ってもモグロビンは一定を保つために、「貯蔵鉄」を使うからです。

 

鉄錠

貯蔵鉄は、いわば鉄分の貯金のような存在です。
血液検査で『フェリチン値』という項目がありますが、これが貯蔵鉄の参考になります。
つまり、ヘモグロビンが正常であっても、フェリチン値が低下していると、鉄分不足が起きているということになります。

 

体の中では鉄分が失われている状態なので、貧血をはじめ、疲労や精神的不調など、さまざまなトラブルを引き起こしてしまいます。

 

ちなみに体内の鉄分の割合は、機能鉄が7割、残りの3割が貯蔵鉄となっています。