ムズムズ足症候群と鉄分不足の関係

鉄錠

ムズムズ足症候群とは、医学的に言うと「レストレスレッグス症候群(RLS)」と呼ばれ、神経内科が専門になります。

 

俗に呼ばれる「ムズムズ足」という通り、不快な症状が足にあらわれます。

  • □まるで虫がはいまわっているみたいで気持ち悪い
  • □ズボンをはいていられない!
  • □足を動かさないとソワソワする
  • □足を叩きたくなる衝動をおぼえる
  • □足先が痛痒い

と、このような症状が出ます。
症状の出方や度合いは個人差がありますが、大体夕方から寝る前にかけて症状が出やすくなります。
少し足を動かしてみると症状から解放されることもある一方で、なかなか不快な症状が出ずに眠りに影響して、睡眠不足を感じ、翌日の日中に影響をおよぼすこともあります。

 

不快な症状でしかないムズムズ足症候群の原因は、いまだ明確にはなっていません。
ですが、脳内伝達物質のドーパミンとの関係が有力説です。
ドーパミンが減ったり機能の低下が、ムズムズ足症候群の症状を招いていると考えられています。

 

とくに鉄分が関係してくるかというと、ドーパミンです。
鉄分は体内でさまざまな働きがあり、ドーパミンを作る役割もになっています。
そのため、鉄分不足になるとドーパミンが上手く作られなくなり、間接的にムズムズ足症候群を引き起こしてしまいます。

 

足に不快な症状があり、貧血気味の場合は、鉄分不足の可能性が高いです。