日本女性に貧血・鉄分不足が多いのはなぜ?

鉄錠

世界的にみても、日本女性はとくに貧血や鉄分不足になりやすいと言われています。
本来、日本の食事は栄養バランスがよく、主な生活習慣病の予防などに良いと言われています。
しかし、現在は鉄分の推奨量をカバーしきれていない女性が増えています。

 

鉄分でも吸収率の高いヘム鉄は、主に動物性食品に含まれています。
レバーなどが有名ですが、煮干しや貝類などにも含まれていたので、昔の日本食の傾向からすると鉄分は摂れていました。
それが今では魚離れが指摘されています。さらにレバーも独特のクセがあり嫌いな方も多く、好きでも毎日食べるのは難しい食品です。
肉類は良質なタンパク質も摂れる一方で、コレステロールや中性脂肪が気になるという懸念もあります。

 

そうなると、植物性食品に頼ることになります。
ほうれん草が代表的ですが、こういった食品は非ヘム鉄を含んでいるので、体への吸収率がよくありません。
積極的にビタミンCや良質なたんぱく質と組み合わせて摂らないと、体に還元されません。
また、ダイエット中の女性は無理な食事制限をしていると、鉄分だけでなく他の栄養素も失って、体は不調を起こしてしまいます。
ダイエットへの関心が高いのも、ひとつの理由かもしれませんね。

 

同じようにダイエットを意識してジュースなどカロリーの高い飲み物を控え、お茶を飲む習慣もあります。
お茶はカテキンなどを含んでいて体にいいものですが、タンニンという成分が鉄分の吸収を妨げる相性の悪い成分であるため、さらに鉄分補給を邪魔してしまいます。
このような関係から、日本人女性は鉄分不足になりやすく、鉄欠乏性貧血が多いと言われています。