貧血のしらべ方

鉄錠

世界的にみても日本人の女性は貧血になりやすい傾向にあります。
とある調査によると、20代〜50代の女性の約65%が貧血と出ています。
通常、貧血は血液検査で分かります。
「ヘモグロビン値」という項目は、機能鉄の状態をあらわします。
ヘモグロビン値でみると、12mg以下の場合が貧血と考えられます。
ただし、ヘモグロビン値は一定に保たれるようになっているので、これだけでは貧血を診断することができません。
重要なのは「フェリチン値」という貯蔵鉄の項目です。

 

分かりやすいほどの貧血の症状が出ていなく、「自分は貧血ではない」と思っている方でも、実は貧血の可能性もあります。
いわゆる、隠れ貧血です。

 

貧血と思っていない人も、次の項目で当てはまるものがいくつあるかチェックしてみてください。
↓↓

  • □疲れやすい
  • □慢性的に倦怠感がある
  • □常に首や肩のこりがひどい
  • □ちょっと動いただけで動悸や息切れがする
  • □立ちくらみ、めまいを起こしやすい
  • □風邪を引きやすい
  • □顔色が悪い、爪が割れやすい
  • □目の下にクマがずっとある、またはできやす
  • □肌がひどく荒れる
  • □髪の毛が抜けやすい
  • □普段不規則な食生活を送っている
  • □ランニングなどの運動をしている
  • □現在、生理がある

 

おおまかにですが、4項目以上当てはまった方は隠れ貧血が疑えます。
できれば病院で検査を受けてみましょう。
フェリチン値はつうじょうの健康診断などでは分からなく、保険適用外での検査になります。費用は大体7,000円です。
検査費用が高いと感じるかもしれませんが、深刻になる前に調べておくことに損はないのではないでしょうか。