貧血の対策・改善・治療法

鉄錠

女性は貧血になりやすい体をしています。
対策・改善・治療、すべてに共通するのが「鉄分補給」です。
鉄欠乏性貧血は、あきらかに鉄分不足が原因なので鉄分の補給が重要です。
不足しないようにあらかじめ鉄分をしっかり摂っておくことが理想的ですが、鉄分不足になったときも早めに鉄分の補給を積極的に行うことで最悪の事態を免れます。

 

ですが、もうすでに鉄欠乏性貧血で症状がツラいと感じるなら病院で検査を受けて、治療も始めましょう。
ただ、一般的な治療では食事療法の指導と、鉄剤による鉄分の補給なので、やはり鉄分の補給が貧血を改善するカギになります。

 

しかし、著しく鉄分が減っているときは、治療薬も役立ちます。
治療初期には、1日に大体100〜200mgを摂るようにするため、薬が必要になります。

 

血液検査でフェリチン値が著しく低下しているときには、すべてを回復させるまでに2〜3週間はかかってしまいます。
優先順位として機能鉄に摂取した鉄分をまわすので、貯蔵鉄を元通りの量にするためには、これくらいの時間を要します。
ただ、回復具合は個人差があるので、こまめに通院して検査する必要があります。

 

普段の生活では、食事で鉄分を摂るようにしてください。
レバー類、煮干しや干しエビ、ホタテやあさり、しじみなど、なるべくヘム鉄を取り入れるようにしましょう。
このとき、ビタミンCを一緒に摂ると、鉄分の吸収率を高めることができます。