鉄欠乏以外の貧血の種類

鉄錠

貧血が起こる主な原因は鉄分不足です。
実際、多くの方が「鉄欠乏性貧血」という鉄分不足から貧血を起こしています。
しかし、鉄欠乏性以外にも、貧血には種類があります。
場合によっては難病に指定されてるケースもあります。もし、鉄分不足でもないのに貧血の症状を感じる方は、他の理由で貧血を起こしているのかもしれません。

 

<<鉄芽球性貧血>>
鉄分を摂取してもヘモグロビンが合成できないため、症状が回復しにくい状態の貧血です。

改善がみられないために鉄分の摂取量を増やして過剰症につながるリスクもあります。

 

<<巨赤芽球性貧血>>
赤血球を合成するときに正常に作られず、巨大化してしまう状態です。

ビタミンB12や葉酸の欠乏が主な原因とされていて、DNA合成障害が起こる貧血症の総称です。
このひとつに「ビタミン欠乏性貧血」があたります。
ビタミン欠乏性貧血は深刻で、他の疾患とも密接な関係にあります。

 

<<溶血性貧血>>
赤血球が壊されてしまう状態をさします。先天性と後天性があり、先天性の場合は自分が持つ抗体が正常な赤血球まで攻撃して壊してしまいます。これを自己免疫性溶血性貧血と言います。

 

<<再生不良性貧血>>
難病指定もされている深刻な貧血のタイプです。

骨髄で血液を造る際にトラブルが起きてしまう状態で、一部遺伝性が関係していますが原因は明確になっておらず、骨髄移植以外の治療法はまだありません。

 

<<腎性貧血>>
文字通り、腎臓の障害による貧血です。

慢性腎不全の方に起こる貧血で、骨髄で血液を生成する過程に関わる腎臓から分泌されるエリスロポイレチンという物質の産生量が低下することが影響しています
この場合、適切な治療が必要です。

 

<<サラセミア>>
別名、地中海病とも呼ばれています。これは、地中海の沿岸地域での発症率が高かったことが由来になっています。

主な原因は遺伝的であり、現在は徐々に発症率が減っているというデータが出ています。