妊婦さんへ〜鉄欠乏性貧血に気を付けましょう〜

鉄錠

現在、妊活中の女性にも知っておいてほしい情報です。
普段は鉄分不足にならず貧血を起こしたことがない人でも、妊娠中に鉄欠乏性貧血になることがあります。
大体、妊娠10週〜36週の間に起こりやすく、定期検診で医師から指摘されることも少なくないです。

 

鉄欠乏性貧血は文字通り、鉄分不足が招く貧血の症状です。
血液中の鉄分が減っている状態なので、血液が薄まってしまっています。
妊娠中には赤ちゃんを育てるために胎盤が大きくなるのですが、このとき鉄分が大量に使われます。そのため、普段通りの鉄分補給では足りなくなり、今まで貧血になったことがない人でも鉄欠乏性貧血を起こすことがあります。

 

また、血液量が増えることもひとつの要因です。
赤ちゃんに栄養を運ぶために本来よりも血液量が増加します。
このとき水分が増える一方で赤血球を造られる量が追い付かなくなることでも貧血になってしまいます。

 

妊娠中に貧血を起こすと、突然のめまいや立ちくらみで転倒してしまう事故を起こすこともあります。
そのようなリスクを防ぐためにも、普段から鉄分補給を心掛けましょう。

 

鉄分を上手に摂るためには、ヘム鉄を取り入れて、良質なタンパク質やビタミンC、造血成分のビタミンB群も一緒に摂りましょう。
葉酸は血液を造るだけでなく、胎児の発育にも欠かせないので十分に摂るようにしてください。