食生活の見直し方

鉄錠

 

鉄欠乏性貧血でお医者さんにかかったときも食生活について指導を受けます。
あらかじめ貧血対策するにも、セルフケアで改善していくためにも、食生活は生活の中で重要な習慣です。

 

ここで、食生活の見直しポイントを振り返ってみましょう。
1日3食、規則正しく摂るようにする

昔から1日3食が基本の食事の摂り方です。現在、朝食を抜いたり、夕食が疎かになるなど、不規則な食生活を送っている方が増えています。
仕事など、どうしても不規則になることはありますが、なるべく食事は1日3食とるようにしましょう。
また、ダイエットするときは規則正しい食事をとり、極端な食事制限はやめましょう。

 

和食を中心に栄養バランスに気を付ける

鉄欠乏性貧血だからといって鉄分だけを補給ものではありません。
バランスよく栄養を摂るのが、基本中の基本です。
炭水化物を主食に、主菜は良質なタンパク質が摂れるお肉やお魚、副菜に野菜をたくさん取り入れましょう。ときどき、果物を食べたり、乳製品を取り入れると、ベストバランスです。

 

ビタミンB群やビタミンCも一緒に摂る

鉄分補給のために、ビタミンCも一緒に摂りましょう。
ビタミンCや良質なタンパク質を一緒に摂ることで、効率よく鉄分が吸収されます。
また、ビタミンB群(ビタミンB12、葉酸)は造血成分です。貧血対策には、鉄分の摂取とともにビタミンB群も摂りましょう。